Thursday, January 22, 2015

Labor Festa 2014 cuts to the core of the global issues



What are young people and students up against today? The talk event featured at Labor Festa 2014 on Dec. 20, “No kidding!a society that leaves young people in poverty,” shocked the audience. According to the speakers, there are managers who put pressure on workers to serve as a slave laborer or quit, saying defiantly, “We cannot carry on a business if we abide by the law.” At convenience stores, restaurants and other businesses, part-time workers have become the indispensable workforce. Students who give priority to studying have a hard time landing a job even if they visit as many companies as possible. Even the term, “bai katsu (part-time job hunting),” has come about. TAKENOBU Mieko, Wako University professor, and JINBU Akai, president of Tokyo Youth Union, talked about how economic hardships parents suffered are now weighing heavily on their children and how the children end up having to work part-time and rely on student loans. What should we do to change the situations? they asked.  TSUCHIYA Tokachi’s film, “Don’t give in to the ‘evil part-time job system!’ Let’s learn work rules by answering quizzes,” was shown before the talk.  The film introduces illegal employment practices by evil companies such as providing green onions in lieu of overtime payment.  
Photo: Youths featured in the film by Tsuchiya

 世界と日本が直面する問題に切り込む~レイバーフェスタ2014
  12 月20日、東京・田町で開催された第13回のレイバーフェスタ2014は、世界と日本が直面する問題に切り込むイベントとなった。第二部は「冗談じゃない よ!若者貧困社会」「ブラックバイトに負けない!」上映。ジャーナリスト・和光大教授の竹信三恵子さん、首都圏青年ユニオンの神部紅、ブラックバイトで働 く当事者とのトークセッション。会場の平均年齢は高めだったこともあり(笑)、いまの学生たちのアルバイトの実態をはじめて聞く方も多かったようで、会場 は終始どよめいていた。メイン企画は「香港オキュパイがやってきた!」。現場からタムさん(独立系労組)とマルコさん(大学生・メディア活動家)が来日。 映像や写真を交えて報告を行った。(神部紅)
え、残業代の代わりにネギ支給!~フェスタで『ブラックバイトに負けない』を上映
「ブ ラック企業」が学生まで襲っている。低賃金にもかかわらず、正社員なみの義務やノルマを課せられて酷使される「ブラックバイト」。土屋トカチ監督のドキュ メンタリー『ブラックバイトに負けない! クイズで学ぶしごとのルール』(2014年・38分・PARC発行)は、その実態を生々しく伝えるとともに、ブラックバイトの被害から若者を守ることを目 的に制作された。内容は、ドラマ仕立てのクイズ形式を交えながら、アルバイトをする際に最低限知っておくべき法律や知識を、専門家たちが解説する。中でも 収録されている、ブラックバイト体験談の数々が凄まじい。「残業代の代わりにネギ支給」なんていう会社もある。それに対してどうしたらいいのか、どんな権 利があるのか。このDVDは、若者だけなく大人の労働者が観ても役にたつもの。今の日本の労働問題を考えるうえで必見である。 詳細DVD予告編 *写真=DVDに登場する若者たち

Justice system says No! to despotic HASHIMOTO government〜Winning the lawsuit on rejecting tattoo check in Osaka




The Osaka District Court on Dec. 17 ruled in favor of the plaintiff in two cases sued by YASUDA Tadasu (photo; left), the Osaka Municipal Traffic Bureau worker. One is the lawsuit asking to annul the disciplinary measures enforced on him for rejecting the tattoo check. The other lawsuit is to cancel the forced job transfer from a bus driver to a desk clerk, which arose when he rejected the request from the Traffic Bureau chief to withdraw the suit.
 The district court’s ruling dominated news headlines describing them as “the judiciary repeatedly denies the despotic style of Mayor HASHIMOTO Toru” (YOMIURI Shimbun) and “the coercion of Hashimoto style is warned” (MAINICHI Shimbun).  In accordance with the district court decisions, Mayor Hashimoto should revoke the disciplinary measures of Yasuda and six others who also rejected the tattoo check.

 大阪市入れ墨調査拒否事件で勝訴判決~司法も橋下強権にノー!

  大 阪地裁(中垣内健治裁判長)は12月17日、交通局職員の安田匡さん(写真左)が起こした入れ墨調査を拒否して受けた懲戒処分の取り消し裁判、交通局長に 訴訟の取り下げを求められて拒否したためにバスの運転手から事務の仕事に配置転換させられたことの取り消し裁判で、いずれも原告勝訴の判決を下しました。 判決についてマスコミは大きく取り上げました。そして、「橋下流、司法が再三否定」(読売)「橋下流、強権にクギ」(毎日)と報じました。橋下市長は大阪 地裁判決に従い、安田さんへの処分を始め、入れ墨調査を拒否した6人の処分を取り消すべきです。

A 1980 note from a ministry's manager deprives single mothers of their welfare entitlements



An instruction issued by a manager of the welfare ministry in 1980 is preventing local governments from providing social welfare benefits to single mothers sharing a house with men, according to a recent media report. 
Tokyo Shinbum, a Tokyo-based daily, reported on Dec. 27, 2014 that Kunitachi City, Tokyo,suspended in November payment of child rearing allowances to a single mother sharing a house with a single man following the advise of the Tokyo Metropolitan government on the enforcement of a notice on de facto marriages issued in 1980 by a manager of then Ministry of Health and Welfare.
The Kunitachi City Council is opposed to this decision by the City government and the enforcement of the notice. In the resolution adopted on Dec. 18,the Council denounces it as irrational,lacking in pragmatic justification and detrimental to the welfare of children and demanding the Ministry of Health, Labor and Welfare,the Tokyo Metropolitan government and the City government that the  be rectified, says the report.
According to the newspaper article, the notice by a welfare ministry's manager says that a single mother and a man living in the same house with her should be regarded, in principle, as being in de facto marriage and other factors than living together do not have to be taken into consideration in determining whether they are in de facto marriage relations or not.
On the basis of this, the Tokyo Metropolitan Government has a standard to deny a single mother who shares a house with an unrelated man the entitlements to child rearing allowances unless she produces objective proofs that her household account is separate from the man's.
The Kunitachi City Council resolution however refers to some single mothers have been regarded as married to men with whom they share houses and denied the benefits even if they produce lease contracts, utility bills or other proofs. "I do not doubt that the single mother is just sharing a shouse with a man, but we cannot do anything about it," a Kunitachi city official in charge of the social welfare is quoted to comment on the case.
In Japan, such extra-legislative "notices" and "announcements" issued by central government officials are usually regarded as legitimate bases of administrative practices of local governments.?



シングル・マザー 男性と家をシェアすると子どもへの手当て打ち切り

1980年に当時の厚生省の課長が出した「事実婚」の規定に関する課長通知を根拠に、独身男性と住所を同じくするシングルマザーが、市町村から支給されるはずの、ひとり親家庭を対象とした児童扶養手当と児童育成手当の受給対象から外されている。
2014年12月27日の東京新聞は、国立市で、11月に支給を打ち切られたケースを報道している。国立市議会は、この通知を問題視し、12月18日、「このような実態に即さない理不尽な判断は、「児童の福祉」を大きく後退させるものだ」として厚生労働省や都、市に改善を求める決議案を可決した。
東京新聞によると、通知は事実婚と判断する基準として、原則として当事者同士の「同居」を挙げる。同時に「社会通念上夫婦としての共同生活」がある場合、「それ以外の要素については一切考慮することなく、事実婚として取り扱う」と規定している。
東京都は「異性と住所が同じなら、同一世帯ではないことが客観的に証明されないと受給対象から外れる」としているが、国立市の決議案は、「賃貸借契約書や光 熱費の請求書などの客観的証明がある場合においても、同一住所に親族以外の異性がいることによって「事実婚」と見なされ、支給が停止されるケースが発生している。
市の担当者は「事実婚でないという女性の主張は本当だと思うが、やむを得ない」という見解。
日本ではこの例のように、中央省庁からの通達・通知が法律と同等の権威を持ち、地方行政の実施上の根拠にされるということが常態化している。





Wednesday, January 21, 2015

Report from Henoko, Okinawa (Jan. 12 – 15, 2015): People’s protest continues




January 12
At night, I met the leader of the protesting canoeists, SASAKI-san, who was just released from arrest. He was going to join a protest action at the gate to Camp Schwab of the United States military base all night long. The action was also joined by young members of a trade union for construction workers.

January 13 
The riot police gathered in front of the gate. The US military and the Japanese Government seemed to start the construction of a new base at Henoko. In response, we occupied the gate with our protest songs and dances, and satires. Our protest succeeded in stopping thirty construction vehicles from leaving the Port of Naha for Henoko.

January 14
We were continuously successful in occupying the gate. Some local activists came to support us at 5am but there were no riot police. On this day, Mayor INAMINE Susumu of Nago City, where Henoko is located, joined the protest. However, even more surprising were pupils from Hokkaido who came here after they had watched a film “Hyoteki no Mura (The Target Village)” as a part of peace education. Before, they only knew a famous aquarium and beautiful sea about Okinawa. Their visit to the gate encouraged and impressed us, including Mayor Inamine. YAMASHIRO Hiroji, one of the leaders of the protest action, calls the occupy tent “Henoko University” as all speeches made here are very informative and educational, covering not only politics and economy but also the environment, medicine and others.

By MOCHIZUKI Yoshiharu



抗議の市民が続々と集まってきた!~1.15 辺野古現地レポート

112日夜、世富慶(よふけ)のバス停に着いた私は、ルートインに泊まるべく歩いていると、A&Wという沖縄のファミレス前でカヌー隊長の佐々木さんなどがいました。後でわかったのですが、このカヌー隊長、釈放されたばかりだと。何でも「今夜から徹夜」ということなので、そのままゲート前まで送ってもらいました。テントの中では七輪でもちを焼いたりしていました。また、富士の全日建の青年部組合員も来ていました。●113日、キャンプシュワブのゲート前に機動隊が集結、今日から工事着工をもくらんでいると見たわがほうは、正面ゲート前をオキュパイ(写真)。まさに「歌あり」「踊りあり」「笑いあり」の楽しい一日となりました。このゲート封鎖行動により、30台といわれる大型トレーラーは那覇港から動けなかったとのことです。午後4時過ぎに一応行動を終えての記念撮影をしました。(望月吉春)

114日、オキュパイしたゲート前は健在。山城博治さんたちは心配して午前5時にきたとのことですが、機動隊がいなくて拍子抜けとか。今日は稲嶺市長が座り込みに参加、沖縄ではいろんな人が来るから、本当にびっくり。しかしそれよりすごかったのは、北海道の小学生たち(写真)。学童クラブの卒業旅行に彼らが辺野古に来たのは、ちゅらうみ水族館ときれいな海しか知らなかった、彼女、彼らが平和教育で映画『標的の村』を見て、こんなことがあるのかと考えたからだと。「ここに来て少しは力になれてうれしい」といってくれた。稲嶺市長の目が潤んでいた。ゲート前は「辺野古総合大学」と学長の山城さんは名乗っています。いろんなあいさつがすごい講義だからです。政治経済は言うに及ばず、環境から医療、今日は「付属小学校」も登場しました。(望月吉春) 

1 15日、私は深夜の攻防には参加できず、ゲート前到着は午前8時少し前でした。入口から抗議者は排除されたが、そのあとは機動隊がゲートを封鎖している状態。山本太郎さんが吠えまくっていました(写真)。ツイキャス生中継のツイート数は4000を超えたとか。機動隊の包囲による拘束で84歳の女性が転倒、後頭部を打って倒れこんでいました。警察は救急車を呼ばず、こちら側が呼ぶと妨害をしていました。いいかげんにしろよ……。今日はゲート前に三宅洋平さんも来てくれた。参議院選挙や知事選ではいろいろありましたが「オール沖縄」の仲間です。また、昨年末の総選挙で当選した沖縄四区の仲里利信さん(無所属)が登場。地味だが「ぶれない」すごさが伝わってきます。(望月吉春)