Wednesday, August 6, 2014

Plea to join protest against forced construction of new US base at Henoko




 About 300 people are coming in and out in the blazing sun every day to protest against the construction of a new US base in Japan’s southernmost island of Okinawa. While a 70-meter floating bridge was completed on July 27, three protesters on a canoe were captured after being chased by eight Maritime Safety boats. The restraint is considered illegal. People are trying to stop construction vehicles in front of the gate at Camp Swab, but dozens of large trucks choose the hours when fewer people are protesting. Please come join the protest and spread this plea. (By K)


基地工事強行!激しい弾圧!~どうか皆さん辺野古に集まってください
沖 縄辺野古・キャンプシュワブゲート前では、毎日暑い中入れ替わり約300人の人が抗議をしています。ついに昨日(7月27日)に海上保安庁が使う浮桟橋 70M(50M?)が完成しました。そして「海猿」と呼ばれる海上保安庁のゴムボート隊8隻が、大浦湾で抗議活動中のカヌー隊3人を拿捕しました(違法な 拘束です!)。キャンプシュワブゲート前では、工事・貨物車が来るたびに阻止行動をしていますが、毎回機動隊に排除され生コン・砂利・工事車が入っていき ます。大型トレーラーは夜中2時30分、夕方19時30分、朝5時30分、昼12時30分など大衆運動で人が休みたいと思う瞬間をねらって20数台の車が 搬入しています。どうか皆さん辺野古に集まってください。また、この辺野古の現状を拡散してください。(大阪・K)

Heartfelt moments, new encounters, exchanges~380 gather for Labor Film Festa




Some 380 people packed the annual Labor Film Festa held in Tokyo on July 26. Many came for the first time, but the participants of various backgrounds gathered from all across Japan.
 “My friend invited me to come,” a young man said. “I was touched by the movies screened. This is completely new to me.”
 The event featured five films including, “600,000 Tries,” “A2-B-C” and “Metro Lady Blues 2.” The director and student of Korean schools in Japan who appeared on the “600,000 Tries” spoke about the Japanese government’s decision not to fund Korean schools. After the event, more than 70 people gathered at a nearby park and exchanged their opinions. (By M)
 Photo: after the event party by the river
感動・出会い・交流~レイバー映画祭 380人が集い大成功
7 月26日・東京田町で開催された今年のレイバー映画祭は、朝から夕方まで「大入り満員」だった。トータルの参加者は380人。遠くは高知・滋賀からやって きた人もいた。幅広い層が集まったが、とくに初めての参加者が目立った。ある若い男性は、「偶然誘われてきた。映画を観て感動に打ち震えた。こういう世界 を知らなかった」と興奮ぎみに語っていた。この日上映したのは、『60万回のトライ』『あしたが消える』『A2-B-C』『続・メトロレディーブルース』 『貪欲の帝国』の5作品。『60万回のトライ』では、朝鮮学校生に加え、パク共同監督もサプライズで登壇した。『続・メトロレディーブルース』では、上映 中に拍手や掛け声が起こるなど、スクリーンと客席が一体となったが、レイバー映画祭ならではの光景だった。上映後の公園二次会には約70人が集まった。自 己紹介や映画の一言感想が続き、「出会い」と「交流」の場になった。(M)
*写真=公園二次会。木下昌明さんの音頭で乾杯

Victorious settlement~lawsuit for unpaid overtime




A delivery truck driver had a victorious settlement at Tokyo High Court on July 25. The lawsuit was filed on November 2010 by four drivers led by a Precariat Union member against Taguchi Unso delivery company in demand for unpaid overtime. The Yokohama district court ruled on April 24 that the company must pay about 43-million-yen unpaid wages for the past two years and the same amount for compensation. The decision said that the company failed to pay overtime by providing different allowances, while it stipulated waiting hours as work hours. The company appealed the ruling but agreed to settle out of court. (By SHIMIZU Naoko) Photo: A Precariat Union member winning satisfactory settlement.

 満足できる水準で勝利和解!~田口運送残業代請求訴訟

田 口運送残業代請求訴訟の一つめについて、7月25日、東京高等裁判所で原告ドライバーが勝利和解を実現しました。プレカリアートユニオンの組合員を含むド ライバー4人が、田口運送株式会社(代表取締役・田口精一氏/東京都北区)に残業代を請求した裁判(2010年11月提訴)で、2014年4月24日、横 浜地裁相模原支部(小池喜彦裁判官)は、原告の主張を認め、同社に2年分の未払い賃金約4300万円と、判決後、同額の付加金の支払いを命じる判決をだし ました。同裁判所は、「各種手当てによって時間外賃金を支払ったとはいえない」「待機時間も労働時間」と判断しました。会社は控訴しましたが、このたび、 地裁判決に沿った内容で、原告が満足できる水準で勝利和解をすることができました。(清水直子)
 *写真=勝利和解を実現したユニオンメンバー


Stop massacre in Gaza~people demonstrate at Israel Embassy, hold candle-light vigil




Some 450 people gathered for “Stop the killing in Gaza! Protest at Israel Embassy” on July 25 in Tokyo. They marched from a nearby park to the Israel Embassy, holding pictures of destroyed Gaza City and injured children. As the intersection in front of the embassy was barricaded by the police to keep the demonstrators away, the anger mounted and chants demanding to stop genocide got louder (see photo). The plain-clothed police screamed to urge the demonstrators to move along. Youtube
 Earlier in the week, people held a candle-light vigil at another Tokyo park for the 500 killed in Gaza City.
 “I wanted to take action,” said one woman, who heard about the event on Facebook.
 “I felt like it was happening to me. I had to do something,” a young man said.
 There was a phone call from Gaza to report about horrendous air raids, mass murder and hospitals being flooded with blood-shed patients.
 “Israel’s attack on Gaza is a war crime according to the international law,” YOSHIOKS Tatsuya  of Peace Boat said. “Unless we can stop it, there is no future for us.”
 More than 500 people formed the letters, “GAZA,” in the park, which was reported in the mainstream media including Al Jazeera TV. (By M) Youtube
イスラエルはガザの虐殺やめろ!~対大使館デモに450人
7 月25日、「ガザの殺りくを今すぐヤメロ!対イスラエル大使館デモ」が行われ、約450名が参加した。若者から年配者まで幅広い層が集まった。東京・市ヶ 谷駅前の外濠公園で集会をしたあとデモは7時半にスタートし、イスラエル大使館に向かった。破壊されたガザの写真、傷ついた子どもの写真などを掲げる人も いた。大使館入り口の交差点は、警官隊がバリケードで完全にブロックされていた。大使館を目前にして、デモの人たちの怒りは一気に高まった。その場に立ち 止まり、「STOP GENOCIDE」のプラカードを突き上げて(写真)、「虐殺やめろ」のコールを大使館に向けて繰り返した。抗議のために立ち止まるデモ隊に対して、私服 警官が「早く行け、早く行け」とどなりまくり、一時騒然とする場面もあった。(M) 動画(YouTube 5分)

イスラエルの戦争犯罪を許さない!~500人以上でキャンドルアクション
イ スラエルの侵攻でガザの死者が500人を超えたと報道される中、7月21日夜、東京・明治公園で、14のNGO団体が呼びかけた緊急集会・キャンドルアク ションが開催された。「フェイスブックで知った」という若い参加者は、「何かアクションを起こしたい」(女性)「自分自身のことのように思えて、ほおって おけない」(男性)と語っていた。集会では現地ガザからの電話メッセージが紹介された。すさまじい空爆、大量殺人、血にまみれた病院の様子がビビッドに伝 わってきた。「イスラエルのやっていることは国際法上の戦争犯罪。これを止められなかったら私たち人間の未来はない!」、ピースボート・吉岡達也さんの訴 えは悲痛な叫びだった。500人を超える参加で「GAZA」の人文字が完成、アルジャジーラTVをはじめ10以上のメディアが、この様子を取材した。 (M) 動画(YouTube 6分)

Tokyo Metro vendors demand company share employees’ working conditions




Nearly 100 people gathered at the Tokyo District Court in support for the women who work at vendors at Tokyo subway stations and their second hearing on July 17. The plaintiffs demand that the company stop discriminating against precarious workers like themselves by paying low wages. The subsidiary of Tokyo Metro, Metro Commerce Co., was to report the pay scales of three types of employment contracts at the hearing. The wages rules for the lifetime employment contract that the company submitted says, “The amount of payment is set separately according to job rank and age.” (By SUDA Mitsuteru)
 Photo: Plaintiffs and supporters at the Tokyo District Court.

東京メトロ・メトロコマースは非正規差別の実態を明らかにしろ!~第2回裁判報告

東京メトロの地下鉄駅売店で働く非正規労働者の女性たちでつくる全国一般東京東部労組メトロコマース支部が、雇用主である東京メトロ子会社の株式会社メトロ コマース支部に対し、正社員との賃金差別をなくすよう求めた裁判の第2回口頭弁論が7月17日に東京地裁であり、支援に駆けつけた東部労組各支部や友好労 組の仲間ら約90人で傍聴席はあふれました。この日の法廷で焦点となったのは、会社側が組合員を含めた契約社員Bと正社員・契約社員Aとの間でどれぐらい の賃金格差を設けてきたかという実態を明らかにするかどうかでした。会社側は正社員の賃金規則を提出してきましたが、そこには「その額は別に定める職務給 表と年齢給表による」などと書かれています。(須田光照)
*写真=当該と支援者(裁判所前)