Saturday, February 7, 2015

China: Workers go on strike at a Japanese Disney factory—‘We’ve had it’

We work at factories in Shenzhen supplying Disney goods to Japanese companies. We have worked hard and earnestly at this company for up to 17 years. We continued working here because we thought we could support our lives once the company grows successful. However, we are betrayed because the evil management that puts profit before us appeared. The company took advantage of our lack of knowledge about the labor law and failed to pay social security or save for housing. We only received 1.5 times the pay for holiday work, while the management gets paid double. (Translated by Labornet International) 

 中国:ディズニーグ ッズの日系工場でストライキ~「我慢も限界」工員たちの訴え
私たちは日本のディズニーグッズのサプライヤー、水谷玩具(深圳)有限公司および深圳楽宝玩具製造有限公司という日系企業で働く工員です。会社の所在地は深圳市龍崗坪地鎮坪西村吉祥路1巷10号で す。私たちはこの会社であくせくとまじめに働いてきました。この会社の工員は、短い者で3年から5 年、長い人では17年もここで働いてきました。私たちがここで働いてきた理由は、会社が大きくなったのちは、私たちの生活にも支えができると思っていたからです。しかし、その願いは裏切られました。悪 質な経営者が私たちの前に立ちはだかったからです。経営者はできるだけ自分の利益だけを考え、私たちが法律に疎いことをいいことに、法定の住宅積立金や社会保険料を納めず、休日の割増賃金も管理職には2 倍支払うのに工員には1.5倍しか支給してきませんでした。(訳=レイバーネット国際部) 続き続報続報(2/1)ウェブ応援署名

No comments: