Saturday, February 7, 2015

‘Think about the reason for Uniqlo’s cheap clothing’—action at Uniqlo’s Ginza store

 Alexandra Chan of Students and Scholars Against Corporate Misbehavior (SACOM) and supporters staged an action at Uniqlo’s Ginza store on Jan. 18. “People are forced to work in a harsh environment at factories where the floor is covered with sewage and the temperature is high but has no air-conditioning,” she told the shoppers. “Please think about why Uniqlo clothes are cheap. It’s because workers are exploited to offer you cheap products.” She held the banner that said, “Respect and dignity to Uniqlo workers! Say No! to sweatshops” Shoppers reacted to the calls well. As media widely reported the Hong Kong NGO’s investigation results of textile factories in China, the leading company of fast fashion responded that it would try to improve the working conditions. “I was happy to see the media coverage,” Chan said with a smile. “We would like to demand that Uniqlo implement its improvement plan.” 
 SACOM earlier held a press conference in Tokyo and revealed the inhumane working conditions in Chinese factories that produce Uniqlo products. SACOM and Japan’s Human Rights Now began the investigation last July at two factories in Guandong province. The NGOs found labor law violations at the factories with several thousand workers, which produce international fast fashion brands. Workers are forced to put in long extended hours due to the low piece rate, and they were also imposed on a penalty system, as well as the dangerous work environment. The event held in Tokyo on Jan. 17 drew more than 100 people and showed the high interest among Japanese consumers. (By M and Chie Matsumoto)
PhotoAlex Chan speaks at a press conference on Jan. 16

 「ユニクロが安い 理由を考えてほしい」~銀座店前でアピール行動
世界一のユニクロ店舗「銀座店」前 で、1月18日昼、香港NGO(SACOM)のアレックスさんと日本の支援者がアピール行動を行った。12階建 のモダンなビルにアレックスさんもびっくり。そこで彼女はこう訴えた。「中国の工場では、足元に汚水 が流れ、高温で換気なしといった過酷な状況で長時間労働を強いられています。みなさん、なぜユニクロ は安いのか考えてください。こうした労働者搾取の実態が背景にあるのです」。掲げられた横断幕には 「UNIQLO労働者に尊厳を!搾取工場のNO!」と書かれている。チラシの受け取りもよかった。今回の香 港NGOの訴えをメディアが大きく報道したこともあり、ユニクロ本社は「状況改善に取り組む」姿勢を明 らかにしている。アレックスさんは「たくさんの報道はうれしかった。今後はユニクロに労働環境改善の 履行を求めていきたい」と笑顔で語った。(M) 報告動画(YouTube 5分40秒)

中国ユニクロ「残 酷工場」の実態明らかに~アレックス・チャンさん会見
中国にあるユニクロの下請け工場において労働者が劣悪な環境で働かされている実態を、香港のNGO団体 と日本のヒューマンライツ・ナウが1月16日、都内の記者会見で発表した。香港のNGOである多国籍企 業の労働実態を監視する学者と学生の会(SACOM)は昨年7月から、中国の二つの縫製工場に調査員を送 り込み、労働環境の実態調査を重ねた。広東省にある2件の工場はともに香港資本の大手で数千人の労働 者を抱える。ユニクロだけでなく、その他の国際ブランド品も手がけているが、労働環境は国内法にも違 反していた。調査からわかったのは、単価の安い出来高制に起因する長時間労働と労働災害が多発する職 場環境、罰金制度などだった。なお報告書をまとめたヒューマンライツ・ナウの伊藤和子さんと香港のア レックスさんの話を聞く会が、17日に文京区内で開催され、100人以上が集まった。(松元ちえ) 1.16会見報告1.17集会プレ ゼン動画(43分)ユースト録画(全記録)  *写真=16日の会見(中央がチャンさん)

No comments: