Saturday, May 6, 2017

Protest action at Metro Commerce

On March 23rd, the Tokyo District Court handed down an unfair verdict which upheld discrimination against limited contract workers. The plaintiffs were kiosk vendors working for Metro Commerce. The Tokyo Tobu Union Metro Commerce Local went to the company's head office on April 19th to raise their voices against discrimination. The President of the Union, USHIRO Yoshiko, said, “We were discriminated against by the court and are full of anger. We will transform our anger into determination to fight. Kiosks in the Tokyo metro are now run by Lawson Metro, not by Metro Commerce. The limited contract workers have been forced to leave their jobs. I cannot forgive the company. I will fight till the end to get a safe job and a reasonable wage.”  Union members and supporters tried to get in the office to negotiate with the company, but were blocked by security guards. (Sasaki Yumi)  

「非正規差別」不当判決には屈しない!~東京メトロ本 社に怒りぶつける

非正規差別を公然と認める323日の東京地裁不当 判決から約1か月。東京東部労組
メトロコマース支部は不当判決に 屈することなく、419日昼、親会社の東京メトロ
前(東京・上 野)で「非正規差別をなくせ」と再び元気な声を上げた。後呂良 子支
部委員長は、「私たちは司法に差別された。憤りで一杯だ。で もこの憤りを運動と
して広めていきたい」「メトロの駅売店は、 ローソンメトロスに変わり、全店が閉
店になった。いままでの契約 社員は賃金や移動でも差別され、自分から辞めるよう
に仕向けら れている。会社を許すことはできない。安心して働ける賃金の実 現を目
指してしぶとく、したたかに闘っていく」と決意を述べ た。怒りにもえた当該と支
援者は、話し合いを求めて会社入口か ら入ろうとしたが、ガードマンが立ち塞が
る。そこで人々はその場 で「非正規差別をやめろ!」「労働者の尊厳を守れ!」
「不当判 決に屈しないぞ!」などのシュプレヒコールを上げた。(佐々木 有美)
動 画(339秒)  *写真=東京メトロ本社玄関口

No comments: