Thursday, August 9, 2012

Fight Against Unfair Verdict: 1,000 Gather to Support JAL Struggle

More than 1,000 supporters gathered in Tokyo on July 26 for 165 pilots and flight attendants who were unfairly dismissed at the end of 2010. Although the company was still in rehabilitation, JAL already saw record-high operating profit of more than 100 billion yen at the time and had fulfilled the restructuring target. The company’s forced dismissal of 165 workers was intended to bust the union, and it was threatening the aviation safety. (By KITA Kenichi)

 はねかえそう不当判決!~1000人の熱気に包まれた「JAL 励ます集い」

 7月26日、JAL控訴審勝利、7・26励ます集いが開かれた。主催したのは日本航空の不当解雇撤回をめざす国民 支援共闘などで、1000人を超える人々が日比谷公会堂を連帯の熱気で埋めた。日本航空(JAL、植木義晴社長)は2010年のおおみそか、パイロットと 客室乗務員(CA)あわせて165人を解雇した。会社更生中とはいえ、その時点で1000億円を超える空前の営業利益を出し、会社更生計画の人員削減目標 を超過達成していたにもかかわらず強行された解雇の背後に、組合つぶしの黒い意図があること、それが空の安全を脅かしていることが、この日の集い、特に原 告団によるノンフィクションの構成劇によって浮き彫りになった。(北健一)

No comments: