Monday, March 24, 2014

Nuclear-free Fukushima Now! Nobel literature laureate appeals

On March 8, 2014, “Rallies for a Nuclear-Free Fukushima” were held in three major cities in Fukushima Prefecture (Fukushima, Koriyama and Iwaki) at the same time. The organizer of the rallies said, “Leakage of radioactive water has caused more serious problems. Pains and fears of people in Fukushima have never gone. Our wishes for denuclearization are even stronger now”. OE Kenzaburo (photo), a Nobel laureate for literature, questioned the responsibility of adults for the future generation, saying, “Despite that many Japanese people have learned from the Fukushima disaster that nuclear power plants are not absolutely safe, the Japanese Government starts to say that they are safe with excellent technologies. Are Japanese going to be deceived by the government again (after the tragedy in World War II)?” (MORI Miki)


3月8日、福島県内3箇所(福島市、郡山市、いわき市)同時開催による「原発のない福島を!県民大集会」が開催された。集会主催者からは「放射能汚染水漏れがますます深刻になってきている。県民の苦しみ・不安は一向に改善されていない。脱原発の思いはより強固に揺るぎないものになってきている」と、安心・安全を取り戻すことが共通の願いであることが訴えられていた。集会では多くの方々から発言があったが、作家の大江健三郎氏(写真)は「あれだけの大事故があり、原発が絶対に安全ではないと多くの日本人は知っているのに、もう原発は安全なのだと、優れた技術なのだと言い始めている。日本人はもう一度(第2次世界大戦に続いてもう一度)だまされようとしているのか?」と指摘、次世代の子どもたちが生きていける社会を残すことが必要と、大人の側の責任を問い質し た。(杜 海樹)

No comments: