Monday, April 25, 2016

‘$15 Minimum wage’ is no longer a fantasy ~ a struggle in Chicago

On March 31, I visited the office of “Fight for 15 (FF15).” The movement, “Raise the minimum wage of fast food workers to $15 (1,500 yen)!” is now expanding all over the world. Although people laughed at this movement to double the minimum wage to $15 when FF15 was organized four years ago, the wage increase was achieved for 12 million workers in the last four years. In Chicago, the minimum wage was decided at $13, and in New York at $15. A few days ago, in California the state decided to raise the minimum wage to $15, too. Their appeal, which has been ridiculed, is now coming true. Four years ago, the argument was to raise the minimum wage to $7~$9, but now people are talking about $12~15. Even the neo-liberalist Chicago mayor realizes that he couldn’t get re-elected unless he raises the minimum wage. (OHTSUBAKI Yuko in Chicago)       

331日、Fight for 15FF15)のシカゴ事務所 に行って来た。「ファストフードで働く労働者の最低賃金を 1500円に!」という運動は、今、世界中に広まっている。4 年ほど前にFF15を組織化した頃は、最賃を15ドル(要するに 2倍に引き上げるってこと)にするなんて!と笑い者にされ たが、この4年で1200万人の賃上げを実現した。シカゴ市で は13ドルに、NYでも15ドルの最賃が決定。23日前には、カ リフォルニア州で最賃15ドルが決定された。笑い者扱いされ て来た彼らの訴えが現実のものになりつつある。4年前は、 最賃を7ドルから9ドルにというのが、議論の水準だったが、 今は12ドルか15ドルかというのが議論の水準になっている。 新自由主義のシカゴ市長も、最賃を引き上げなきゃ再選出来 ないことを実感しているという。(シカゴ・大椿裕子)  

No comments: