Saturday, May 7, 2016

Contingent workers at Metro Commerce get continued employment after 65

The National Union of General Workers Tokyo Tobu Union Metro Commerce Local sat down with the Metro Commerce management for the 60th collective bargaining session. The union organizes contingent workers in kiosks in Tokyo metro stations. As a result of the bargaining, the employment of contingent workers over 65 of age will be continued after this May. The planned strike action on April 25th afternoon was cancelled. We are really grateful for your support. One of the members who got their employment extended, HIKITA Setsuko, was interviewed by NHK. She told the reporter, “Now, I am relieved that I can make my ends meet by doing double-work after this May. I think this is the result of our sit-in action since last year. Thank you for all your support.” (SUDA Mitsuteru, Tokyo Tobu Union)
Photo: Metro Commerce workers talking to NHK reporters

メトロコマースの非正規労 働者~ストを背景に65歳以降の雇用継続実現!

東京メトロ駅売店の非正規労働者らでつくる全国一般東京東部労組メトロコマース支部は418日、株式会社メトロコマースとの第60回団体交渉を都内で行いました。その結果、昨年春の闘いで実現した疋田組合員ら非正規労働者の65歳以降の雇用について次年度(今年5月以降)も継続することが決まりました。これに伴い、すでに支援者の方々に部分的に呼びかけていた425日午後のストライキ抗議行動は回避します。皆さんのご支援とご注目に心から感謝申し上げます。ありがとうございました! この一連の動きを追いかけているNHKの取材班に対し、 今回の団交後に疋田組合員は「これでダブルワークで何とか維持している生活を5月以降も続けることができて安心している。昨年の座り込みなどの成果だと思う。ご支援いただいた方々に本当に感謝しています」と話しました。(東部労組・須田光照)

No comments: