Friday, May 22, 2015

Thousands march for workers’ rights on May Day in Tokyo

Some 28,000 workers participated in May Day demonstration held at a Tokyo park by Zenroren and called to stop Abe governments labor deregulations and reduction of workers rights. On the march out to the streets of Tokyo, demonstrators called to protest against the right to collective action and to abolish secrecy law. They also called out to NHK near the park demanding its director MOMII Katsuto to resign.
 Freeter Union also held its own May Day demonstration on May 2 with a slogan, Anti-rich Life is a Scandal, in Tokyos Shibuya district. More than 120 people who dressed in zombie costumes drew attention from tourists. The zombie attire symbolized poor young people who are forced to live like the living dead and are treated as such by the rich.
(By MATSUMOTO Chie, Freeter Union)


5 月1日、東京・代々木公園で開催された中央メーデーにはおよそ28,000人が集まり、安倍政権下ですすむ労働者の権利削減にストップをかけようと訴え た。集会後、参加者は三コースにわかれて都内をデモ行進した。デモ隊は、集団的自衛権行使の反対や秘密保護法の廃止などを呼びかけた。出発地点の代々木公 園では、隣接するNHKを通過中「籾井はいますぐ辞めろ!」などのコールが響く一幕もあった。(松元ちえ)


5 月2日、「反富裕 Life is a Scandal」を掲げる「自由と生存のメーデー2015」が東京渋谷の街を約2時間半、デモ行進を行った。呼びかけはフリーター全般労働組合、主催は自 由と生存のメーデー2015実行委員会。毎年、メーデー前後の土曜日に若者たちを中心として行われている「自由と生存のメーデー」は、今年は120人以上 の「ゾンビ」を集め、ショッピング客や外国からの観光客で賑わう原宿・渋谷の繁華街をデモ行進した。 このゾンビのメイクは、金持ちには「死んだ奴ら」のように思われている貧しい若者たちのすでに死んでいるような生活を、死にながらも生きる「ゾンビ」に見 立てたものだ。

No comments: