Sunday, April 19, 2015

Labornet TV features Fukushima Daiichi situation

Nuclear specialist YAMAZAKI Hisataka appeared on Labornet TV on April 8th to report on the situation of Fukushima Daiichi reactor, 4 years after the disaster. “Contaminated water mixed with nuclear fuel has been leaking for over 4 years. We still don’t know where the melted fuel is. The only progress up to now is that the spent fuel in No.4 reactor has been removed and debris around the plants has been cleared away. TEPCO is still trying to stop the leakage of contaminated water and cannot start the decommissioning process. There are still 1573 spent fuel rods remaining in the No. 1 to No. 3 reactors. It will be disastrous if the reactors collapse in another earthquake.” Newscaster, MATSUMOTO Chie’s reaction was just one word, “Hopeless!” Every day 7000 workers are sent in todo dangerous work at Fukushima Daiichi. There can be no restart of other nuclear power plants without settling the situation at Fukushima Daiichi. (M)  
Photo: Yamazaki in the middle

 「冷却水と核燃料がまざった汚染水のダダ漏れが4年間続いている。しかもメルトアウトした核燃料は、どこにいったのかさえわからない」。原発事故から4年、フ クイチの現状を専門家の山崎久隆さんが48日の「レイバーネットTV」で詳しく解説した。「これまでの成果は、建屋周りの瓦礫を撤去したことと4号機の 使用済み燃料を移動したことくらい。いまは汚染水と格闘している状況で、廃炉作業に手をつけることもできていない」と厳しい現実を語った。「しかも13 号機には合計1573体の使用済み核燃料が残っており、地震などで崩れると大変なことになる」と警告も。話を聞いた松元ちえキャスターの第一声は「ホープ レス!」だった。汚染がひどい中、危険な作業に今も一日7000人が狩り出されている。「福島を解決せずに再稼動などとんでもない」、政府と東電の大ウソ に改めて怒りを新たにする番組となった。(М)  *写真=ゲストの山崎久隆さん・渕上太郎さん

No comments: