Friday, April 10, 2015

Mass protest action against Abe government

Nearly 14,000 people gathered at a central park in Tokyo on March 22 to protest against various issues proposed under Abe administration, including restart of nuclear plants, the right to collective action, new base construction in Henoko and TPP. The Abe government has not listened to the voices of the people who are against constitution revision, state secrecy law, tax increase, reduction of social security, labor deregulations, agricultural reforms and other issues. The Abe cabinet has approved of these issues as though they were matters among friends or family.
 The event participants reached a consensus to override Abe government before they marched to the Diet.
 The day before the big rally, demonstrations were held at two locations in Tokyo; one called for no war, and the other demanded the Tokyo government keep its fish market in Tsukiji. The relocation site is inconvenient, illogical and dangerous, a Hiroshima University professor emeritus spoke at the rally. (By Shinya,  MAKIKO Yoshimaru
Photo by Mukimpo Youtube

3 月22日、原発再稼働や集団的自衛権行使容認、沖縄・辺野古新基地建設、多国籍大企業のためのTPPなどに反対する様々な人たち が東京・日比谷野音に集ま り、安倍政権にNO!を突きつけた。憲法、特定秘密保護法、消費税増税、社会保障削減、労働法制改悪、農業・農協改革・・・。安倍政権は反対する人たちに 全く耳を傾けることなく、親族、友人かのような閣議の決定でそれらを推し進めている。それらの根っこは同じだ。この日、さまざま なイシューが安倍政権打 倒!の一点で結集した。壇上の高校生や大学生の若い人たちからの発言に、年配者の多い会場から盛大な拍手が起こった。このあと、会場に入りきれず公園で待 機していた人たちと合流し、14000人(主催者発表)の国会包囲、請願 デモが行われた。(shinya) 動画(木下昌明撮影)

3 21日土曜日、東京・新宿で二つのデモがあった。午後1時、柏木公園では「安倍原発政権打倒!新宿・反戦デモ」の集会が始まった。各労 組・団体からのあ いさつ。なかでもテントひろば共同代表の渕上太郎さんは自公の戦争立法を糾弾するとともに、テントひろば死守の経過を説明、再稼働阻止の闘いの継続を力強 く訴えた。1時半にデモが出発。「戦争する国 絶対反対!アベを倒せ!」のシュプレヒコールに沿道の何人もの人が手を振って応えてくれた。続いて午後2時半からは、アルタ前で「築地で、ええじゃない か!」のリレートークが始まった。広島から駆けつけた広大名誉教授の三国さんは、築地市場の移転先である新豊洲が、いかに不便・不合理・危険かをわかりや すく説明した。(牧子嘉丸)  * 写真=安倍打倒デモ(ムキンポさん撮影)

No comments: