Friday, April 10, 2015

The anti-nuke METI tent is here to stay

The Tokyo High Court ruled a suspension of forcible closure of the anti-nuclear METI tent on March 18. The court order required 5 million yen, which was temporarily paid for by one of the tent supporters.
 The money well spent,  KAWAI Hiroyuki , a defense lawyer said. This is what we call, the savior.’” He added in anger, Because Ministry of Economy, Trade and Industry (METI) promoted nuclear plants for 50 years, we are forced to suffer the consequence of Fukushima disaster. Its the government of the ruin of a country, which is still trying to restart the plants and build new ones. It is up to us to continue expressing our protest.  He also called for donation to maintain the METI tent. (By M, KASAHARA Mayumi)

3 18日の東京高裁「テントひろば強制執行停止命令」を受けて、20日午後2時から、同ひ ろばで記者会見が行われた。テント共同代表の渕上太郎氏は「高裁 の決定を歓迎したい」と述べた。執行停止には保証金が500万円かかるが、支援者がすぐに立て替えてくれたという。河合弘之弁護団長 (写真)は「こういう のを命金、生きた金という。たいしたものだ」と語り、続いて怒りは経産省に向けられた。「経産省が50年間原発を推進してきた結果が福島事故を招いた。 “亡国の役所”だ。それ を懲りずに反省もせずに再稼働や新設までしようとしている。言ってもわからないところには“実 力行使”しかない。“亡 国の役所”の 喉元で抗議の意志を示し続けることが大事だ」とまくしたてた。また会見では、テントのたたかいを維持するための「1億円カンパ運動」の呼びかけがあった。 (M

No comments: