Tuesday, December 8, 2015

Anti-nuke activist from India makes appeals at Friday demo

 The day after the protest against the war law, which drew 9,000 people to the Diet, a routine Friday demo against nuclear energy took place on Nov. 20, again, drawing rows of people--some from India, Fukushima and Aomori.
 What was noticeable was a protest speech from an Indian activist, Kumar Sundaram (photo), on Japan’s Prime Minister Abe is trying to sell nuclear technology to India. “Japan and India are ready to sign the nuclear treaty in December when Abe visits India,” he spoke in fluent Japanese. “Please oppose this treaty.” Abe is staging “a society where everyone participates” and became Obama’s “Yes man,” while big businesses are traveling around the world to make nuclear plants and weapons deals. The banners on this day spoke of people’s opposition to any of it. (By KINOSHITA Masaaki)


 11 月20日金曜日、原発反対の抗議集会が今夜も行われた。昨夜は、この国会前で9000人もの人々が埋めつくして“戦争法反対”の抗議で盛り上がったばかり だ。そこに、また長い行列ができていた。インド人をはじめ三重、福島、青森などの遠方からもきてスピーチしていた。連日抗議はやまない。今回特に目につい たのは、安倍がインドへ原発を売ろうとしていることへの抗議だった。インドの反原発活動家、クマール・スンダラムさん(写真)は日本語がペラペラで、 「12月に安倍が訪印して“日印原子力協定”の条約を結ぼうとしている。これに反対してください」と訴えていた。安倍は一人で<総活躍社会>を演じ、世界 をとびまわり、オバマのイエスマンとなり、その下で大企業の手先となって原発と武器の売買に奔走している。プラカードやたれ幕にはそれを許さない文字が 躍っていた。(木下昌明)

No comments: