Sunday, May 29, 2011

Fukushima Network to protect children from radiation kicks –off

On May 1st, a meeting of the Fukushima Network to protect children from radiation was held in Fukushima City. The previous meeting drew 100 people, but this time 250 came. The first mission of the Network was to negotiate with the government on the next day. So a request to withdraw the new radiation safety standard of 20 milli-sieverts per year for children was confirmed at the meeting. The safety standard issue has become a hot issue even in the mass media, after Cabinet Secretary Advisor Kosako resigned on April 29th. The meeting was sort of a kick-off for negotiations with the government on May 2nd. The struggle to scrap the safety standard of 20 milli-sieverts is gaining momentum. (YUMOTO Masanori)
Union Tube:

 5月1日、福島市内(ホリスティカかまた)で「子どもたちを放射能から守るための集会が開催された。前回4月25日の集会は100名の参加であった。そして今回は、参加者が250名にふくれあがった。ネットワークの初仕事は、2日に行われる対政府交渉である。集会では、ネットワークとして政府(内閣総理大臣、厚生省、文科省、原子力安全委員会)に要求する「年20ミリシーベルト」基準の撤回を柱とした要請書も確認された。「20ミリシーベルト」基準については、4月29日の内閣官房参与の小佐古氏の辞任会見を機に、マスコミもとうとうこの問題を取り上げざるをえない状況になっている。本集会は、2日の対政府交渉の結団式ともいえる盛り上がりを見せた。闘いは、大きな局面を切り開きつつあるといえる。(湯本雅典) ・動画(UnionTube)

No comments: