Friday, March 9, 2012

NUGW Wins Berlitz Lawsuit; Workers’ Rights to Strike Respected

National Union of General Workers, Tokyo Nambu, and its branch, BEGUNTO, on Feb. 27 won a lawsuit demanding compensation for 110 million yen from them for obstructing business with strikes in 2008. Berlitz Japan sued the union and its branch of language teachers for launching strikes with illegal objectives.
The court “did not approve of any lack of justification for strike” and dismissed the company’s claim. The plaintiff’s objective in this lawsuit demanding the union of 110 million yen in compensation lies in intimidating its workers and the union, as well as threatening the union right. However, the court brought the meaningful verdict that strike is a valid right of trade unions.
The union asks support from all in conveying to the company of not appealing the verdict. (By NUGW Tokyo Nambu) Photo: Berlitz language teachers strike in 2008 Nambu Website


全国一般労働組合東京南部とその支部であるベグントが、2008年春闘でのストが会社を加害する目的で行われた違法なものだとして、ベルリッツ・ジャパンから11千万円の損害賠償を訴えられた裁判の判決が2012227日にありました。東京地裁民事第36部の判決は、「ストライキの正当性に欠けるところは認められない」として、ストが違法であるという原告の主張を完全に退けました。ベルリッツ・ジャパンによるこの訴訟の目的は、1億1千万円という損害賠償訴訟を起こすことによって、労働組合の権利行使を萎縮させることにありました。しかし、ストライキが正当であると労働組合の権利をはっきり認めた点で、意義のある判決を受けました。ベルリッツの控訴を許さず、争議全面解決に向けて、闘いはあとひとふんばりです。引き続き、みなさまのご支援をよろしくお願い致します。(全国一般労働組合東京南部) なんぶHP *写> 真=ベルリッツ語学教師による2008年スト>

No comments: