Wednesday, June 11, 2014

Anti-nuclear comrades from France join Friday action with original protest goods

Three members of Yosomono Net (a network for Japanese living abroad) coincidentally returned from France at the same time and so joined a Friday anti-nuclear protest on May 16. We wanted to show solidarity with the Japanese people in light of Prime Minister Abe’s unpleasant effort to strengthen Japan-France cooperation in nuclear technology and arms development. We brought giant yellow hands that were well received at a protest on Chernobyl Day in Paris. The hands with the message “Stop Nuclear” were made by the nationwide anti-nuclear network in France for the “50-day action.” The hand, which is a symbol of anti-racism movement in France, attracted Tokyo Shimbun and university students studying France’s social science. (By TAKAHATA Yuki )

偶 然にもフランスでの脱原発活動仲間(よそものネット・フランス)3人が東京に滞在中だったため、テントひろばで待ち合わせ、5月16日金曜の官邸前抗議に 参加した。先週の安倍首相ヨーロッパ訪問の際、フランスと日本は原発技術や武器開発における協力関係を強めたという不愉快な状況だけに、日本のみなさんに 連帯の気持ちを表したかった。そこで、先日のチェルノブイリ・デーのパリでのアクションの際に好評だった「原子力ストップ」と書かれた巨大な黄色の手を持 参。これは、フクシマの3.11からチェルノブイリ・デーまでの「50日間アクション」のために、フランスの脱原発全国網が今年作成した反原発グッズで、 フランスの反レイシズム運動のシンボルである「手」にヒントを得たもの。官邸前でも目立って「東京新聞」が写真を撮ってくれたし、フランスの社会学を専攻 しているという学生さんから話しかけられた。(飛幡祐規)
動画(木下昌明撮影 5分)

No comments: