Saturday, October 18, 2008

U.S. Nuclear-powered Aircraft Carrier George Washington Harbours at Yokosuka Port amid Protest

At 9:30 a.m. on Sept. 25, U.S. nuclear-powered aircraft carrier George Washington made a port call at U.S. Navy's Yokosuka port. From 10:30 a.m., a welcoming reception is being held at the deck of the U.S. Seventh Fleet Blue Ridge parked next to George Washington with attendees from the United States and Japan. We do not welcome or absolutely can't allow the nuclear-powered vessel, which is to stay permanently at Yokosuka port. Workers and concerned citizens from a nationwide network to stop nuclear-powered aircraft carrier from porting at Yokosuka, an office at the demonstration front, peace forum, Kanagawa Peace Movement Center, Miura Peninsula district labor union have shouted angry slogans. Reported live from the demonstration front, see photo (Boat protesting against the aircraft carrier)

抗議の声の中 原子力空母ジョージ・ワシントンが横須賀に入港
 以下、現地闘争本部の速報。「原子力空母ジョージ・ワシントンは、9月25日午前9時30分、米海軍横須賀基地に入港しました。10時30分からは、ジョージ・ワシントンに横付けした第7艦隊旗艦・ブルーリッジの甲板で、日米の関係者を招いての歓迎レセプションが開催されています。私たちは米海軍による原子力空母の横須賀母港化を歓迎することはできないし、断じて許すことができません。原子力空母横須賀母港化を許さない全国連絡会・現地闘争本部・平和フォーラム・神奈川平和運動センター・三浦半島地区労などに結集する労働者や民主団体は、午前7時に横須賀市のうみかぜ公園に集まり、入港しようとするジョージ・ワシントンに対して、怒りのシュプレヒコールを叩きつけました」 現闘ニュース・写真(空母に抗議するボート)  

No comments: