Sunday, July 7, 2013

General Union Schools and Colleges Branch: Stable employment for all teachers

Last year a bill aiming to stabilize the employment of workers on limited term contracts passed both houses of the Diet. The bill gives workers who have been employed continuously for over five years the right to request a permanent contract. Disgracefully, a number of prestigious educational institutions, including Osaka, Kobe and Waseda Universities, have since announced changes to working rules that try to impose a maximum limit of five years employment on part-time teachers. If this attack on part-time teachers is not answered, it will eventually lead to an undermining of the conditions of all teachers. We are working with other unions to oppose this.
This shows that teachers cannot rely on the good will of schools and colleges to look after their interests. All teachers, including part-time and contract workers need a voice. As an individual, your opinion will be ignored. Teachers need to get organized and join a union now.(General Union Website)

Read More

ゼネラル・ユニオン 学校・大学支部:すべての教職員に安定雇用を!

昨年、有期雇用契 約下で働く労働者の雇用の安定を図る法案が、衆参両院の通過を見た。この法案により、継続して5年を超えて雇用されている労働者には無期雇用を求める権利 が与えられることになる。しかし、恥さらしなことにこの期に及んでも大阪大、神戸大、早稲田大を含む多くの有名な高等教育機関は、非常勤講師の雇用期間を 最長5年とする就業規則を押し付る変更を発表した。それゆえ非常勤講師に対するこの攻撃に対して反撃を行わなければ、最後にはすべての教職員の労働条件の 悪化を見ることになるであろう。我々はこれに反撃を加えるために他の組合と連帯して働いている。

これが示している事実は、講師は中・高・大学等の教育機関の善意を頼りにしていては自分たちの権利を擁護することはできないということである。非常勤講師 や有期契約講師を含む教職員はみな声を上げる必要があるのである。一人で声を上げても、その声は無視される。今、教職員は団結し、組合に加入することが必 要なのである。
(ゼネラル・ユニオン ホームページ)

No comments: