Friday, August 16, 2013

This is no negotiation; what will Japanese government take part in~Report by UCHIDA Shoko

The 18th negotiation table for Trans-Pacific Partnership (TPP) at Kota Kinabalu, Malaysia, is the same as the previous ones: Nothing is open to outsiders. The negotiation proceeds behind closed doors. Japan plans to join the negotiation on July 23. Since I have taken every action possible to protest against TPP, I cannot help but feel infuriated and despaired. I felt like this even more so after the landslide victory of Liberal Democratic Party in its upper house election the day before. Media reports on TPP in Japan are no doubt biased. In Kota Kinabalu, people demonstrated, International NGOs filed demands to negotiators and we continue monitoring the “secret negotiation.” However, our voices or actions have not been reported (As far as I know, only “The Japan Agricultural News” and “Akahata” reported). We must admit that we could do more, but the media are also responsible for allowing the LDP-led government to take part in the TPP negotiation that have already put us at a disadvantage. (From UCHIDA Shoko’s blog)

これは「交渉」ではない 日本は「何に参加するのか」~内田聖子現地レポート
7 月19日より、マレーシア・コタキナバルに来ている。第18回TPP交渉会合の現場は、これまでの交渉と同じように、粛々と、秘密裡に交渉が進められ、そ の進展内容は外側からは見えない。日本の参加がいよいよ明日23日というタイミングとなった。2年間、日本のTPP交渉参加に反対してきた者として、言葉 では表せない怒りと失望に耐えない。昨日の参院選での自民党圧勝の報せがさらにその思いを強くさせる。日本でのTPP報道は、やはり偏っている。現地では デモもあり、国際NGOらはTPPへの懸念を最大限、交渉官にアピールし、「秘密交渉」に対する監視と批判のまなざしを今回も努力して続けている。しかし それらの声は何も報じられていない(唯一報じたのは私がチェックする限り『日本農業新聞』と『赤旗』のみ)。私たち反対側の力の足りなさは反省してもしす ぎることはないのだが、しかしこうしたマスメディアの状況が、これだけ不利なTPP交渉にまい進する自民党政権を許してきた面もある。(内田聖子のブログ より)

No comments: